柴田車輌

求人情報

柴田車輌BBS

flat7

ultra_banner02

onix_banner

アライメント

 

有限会社 柴田車輌
<4輪アライメントSHOP・アジャスト>
〒437-1101
袋井市浅羽2293-1
TEL:0120-81-3325
FAX:0538-23-7097
MAIL:お問合せフォーム

ONIX袋井 柴田車輌
〒437-1101
袋井市浅羽2293-1
TEL:0120-81-3325
FAX:0538-23-1186
MAIL:お問合せフォーム

受付時間/
8:30a.m.〜5:30p.m.
(土日も営業)

柴田車輌

 

ごあいさつ

本日もアクセス頂きまして有難うございます

11月1日に第46回東京モーターショーに社員と一緒に自動車で行ってまいりました。
朝8時前に出発し帰宅したのは午前1時頃、会場では5時間程見学していましたが、流石に金曜日?とあってか道中かなり混雑していました。途中、横浜の中華街で社員のお腹を満たした分を差し引いても、土日でなければ大丈夫という考えは甘かったと思い知らされました、今では金曜日も「週末」なんですね。東名の集中工事が2〜3ヶ所あったものの夜中というのに(私にとって11時は十分夜中と思っています)どのサービスエリアも満杯に近い混みようでした。国内の車両台数はすでに減少に向かっているという統計が出ていますが何のそのでしたね。

 モーターショーの入場者数も目標の100万人を上回って130万人だったそうです。自動車離れが心配されていますがまだまだ捨てたものじゃない、すそ野の広い国の根幹となる産業ですから業界としては胸をなでおろしているかも知れません。
今から65年前、現在の日刊自動車新聞の主催で行われていたものが自動車工業会に移り「第1回全日本自動車ショウ・TOKYO MOTOR SHOW」となりその10年後の第11回から現在のような「東京モーターショー」となったと日刊自動車新聞に載っていました。
車両展示と自工会主催という体制が作られ、世界3大モーターショーの1つと呼ばれた時期もあったということです。

 私がこの業界に入る頃は確か「晴海」で行われその後「幕張メッセ」に移り、更に何年前か思い出せませんが現在の「東京ビックサイト」で行われるようになりました。
今まで私は「モーターとは回転運動をするもの」で「エンジンは垂直運動⇒クランクシャフトで回転に変換している」と思い込んでいたのでなぜ自動車のことを「モーター」と呼ぶのか「モーターショー」や「モータース」って変だな、もしかして世界で一番大きかった米国の「ゼネラルモータース」の名をまねたんだと思っていました。
調べてみると「モーター」とは動かすものの総称のようですのでそれは私の間違いだったようです。しかし最近実際に直接回転運動をする、私の思っていた、電動のモーターが少しずつ増えてきて後20年もするとエンジンの方が珍しくなって来るかも知れません。
それを私自身が体感できるまで居られるかどうか判りませんが・・・今回のモーターショーは特に「トヨタ」ブースにおいては(近いうちに販売されるような自動車は何も展示されていませんでした)その名にふさわしい感じになってきたものだと感じた次第です。
自動車の製造業界は勿論ですが、気が付いたら私が従事している「モータース」という業界もかなりのスピードで変わって行くようになってきました、遅れを取らないよう努力して参りますので、ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。

                

 

2019.11.27   代表取締役   柴田 猛 

 

 

エアショップ21
ウルトラ車検

topics

topics

Copyright c 2008 Shibata Syaryou Co., Ltd. All Rights Reserved.